ONUにルーター接続するって難しい?

ど~も~、このところなぜか身体の調子が良いみっこです^^

こないだ機械弱い系女子の友人がみっこに電話をかけてきて、
「家に光回線を引いたんだけど、パソコン1台しかインターネットに繋がらないの」
と言ってきたのよ。

友人の言っている意味が分からなかったら友人宅に行って確認してみると、
ただ「ルーター」を使わずにONUとパソコンを直接繋いでただけだったわ。

機械弱い系の人は自宅に光回線さえ開通させれば、パソコンはもちろんスマホや
テレビなど色んな機器がインターネットに繋げられると思ってたりするのよねぇ。

でも複数機器を同時にインターネットに接続するには、
光回線の他にルーターって機器も必要なのよ。

そこでルーターを使って色んな機器を光回線に接続する方法について、
機械弱い系の人にも分かりやすいように説明していくわね。

ルーターってどんな機器?

自宅に光回線を引くと「ONU」という機器が設置されるわ。

これは「回線終端装置」と言われるもので、
ONUが無いことには自宅で光回線を使うことができないのよ。

このONUに直接パソコンなどの機器を接続することもできるんだけど、
ONUに接続できる機器は基本的に1台だけなの。

基本的に1台しか接続できないONUに、パソコン・スマホ・テレビなど複数の機器を
同時に接続させるための機器が「ルーター」ってわけ。

ちょっと話は変わるけど、電気のコンセントの差込口が足りない時に
テーブルタップを使ってタコ足配線するじゃない。

ルーターはそのテーブルタップと同じ役割を果たすもので、
光回線をタコ足配線するためのものって考えると分かりやすいわね。

ONUは光回線を引くと必ず設置されるけど、
ルーターは購入するなりレンタルするなり自分で用意しなきゃダメよ。

ホームゲートウェイだとルーターは不要

自宅に光回線を引くと、
ONUの代わりに「ホームゲートウェイ(HGW)」という機器が設置されることもあるわ。

HGWにはONUとしての機能の他に
 ・光電話の受信機
 ・ルーター
としての機能が備わってるのよ。

だから基本的には、光回線のオプションとして光電話や無線LANを利用すると
ONUじゃなくてHGWが設置されることになるのね。

ONUと違ってHGWにはルーターとしての機能が備わってるから、
HGWが設置されてる場合はルーターを自分で用意しなくても複数機器を光回線に
接続することが可能よ。

同時接続台数を増やすなどの目的で、
HGWにルーターを接続して使うことももちろんできるわよ。

ONUやHGWには「責任分界点」としての役割も

光回線の回線終端装置であるONUやHGWには「責任分界点」としての役割も
あるのよ。

簡単に言うと、回線事業者が責任を持つのは基地局からONU・HGWまでで、
ONU・HGWより自宅側はユーザーの責任ってことね。

例えば落雷なんかで電信柱が倒れて光回線が繋がらなくなった場合は、
ONUやHGWよりも基地局側のことだから、回線事業者の責任で復旧してもらえるわ。

でもパソコンやスマホの不調で光回線に繋がらない場合は、
ONUやHGWよりも自宅側の問題なので、ユーザーの責任ってことになるわけ。

ちなみにONUやHGWには、
ルーターなどを接続する時に使う「UNI」っていう差込口があるわ。

このUNIは「UserNetworkInterface」の略で、Interfaceは接合部分って意味だから、
正にこのUNIって差込口が回線事業者とユーザーの責任を分けてる点になってるのね。

ONUにルーター接続

HGWはルーター無しでも複数機器を接続できるから、
ONUにルーターを接続する方法について詳しく見ていくわね。

正しい差込口同士を接続しないとルーターがちゃんと働かないんだけど、
ONUにもルーターにもいくつか差込口があるからちょっとややこしいわ。

文字だけよりも図があった方が分かりやすいから、
ONUとルーターの配線が図解されてるサイトのURLを記載しておくわよ。
 https://www.janis.or.jp/08-support/09-RouterSetting/oldRouterSetting/fletsNEC/index.html
(「(1)配線」を参照)

ルーターにはいくつかの「LAN」という差込口と1つの「WAN」という差込口があって、
ONUの方には「UNI」もしくは「LAN」という差込口が1つあるわ。
(ONUの機種によってはUNIやLAN以外の差込口があることも)

ONUの「UNI」もしくは「LAN」という差込口とルーターの「WAN」という差込口を
ケーブルで繋ぐだけよ。

ONUの方が「LAN」だとルーターも「LAN」にしがちだけど、
ルーターの方の差込口は「WAN」だから間違えないでね。

後はルーターに初期設定を施せばルーター接続完了で、パソコンだけじゃなくて
テレビやゲーム機など複数機器を同時に光回線に接続できるようになるわよ。

ONUとルーターを繋ぐケーブル次第で通信速度が遅くなる!?

ONUとルーターを繋ぐのに「LANケーブル」を使うんだけど、このLANケーブル次第で
光回線の通信速度が遅くなっちゃうことがあるから気を付けてね。

LANケーブルには「カテゴリ」という規格のようなものがあって、
そのカテゴリごとに最大通信速度が違ってるのよ。

LANケーブルのカテゴリと最大通信速度は以下の通りになってるわ。
 ・カテゴリ5・・・100Mbps
 ・カテゴリ5e・・・1Gbps
 ・カテゴリ6・・・1Gbps
 ・カテゴリ6A・・・10Gbps
 ・カテゴリ7・・・10Gbps
 ・カテゴリ7A・・・10Gbps
 ・カテゴリ8・・・40Gbps

一般的な家庭用光回線の最大通信速度は1~2Gbpsなんだけど、ONUとルーターを
繋ぐのにカテゴリ5のLANケーブルを使うと最大通信速度が100Mbpsになっちゃうわ。

だからONUにルーターを繋ぐ場合、LANケーブルは最低でもカテゴリ5e以上、
できればカテゴリ6A以上を使った方が良いのね。

「NURO光」や「auひかり」で最大5Gbps・最大10Gbpsのサービスを利用してる場合は、
カテゴリ6A以上のLANケーブルが必須よ。

LANケーブルのカテゴリはどこを見れば分かる?

家電量販店などで売られてるLANケーブルのパッケージにはカテゴリが
明記されてるので、LANケーブルを新たに購入する場合は分かりやすいわ。

でもルーターに付属してるものや前から家にあるLANケーブルを使う場合には、
そのLANケーブルのカテゴリってどうやって確認すれば良いのかしら?

LANケーブルのケーブル部分に印字がしてあって、その文字列の中に
「CATEGORY6」とか「CAT.6」などといった形でカテゴリが表記されてることがあるのよ。

印字はされてるけど明確にカテゴリが表記されてない場合でも、
LANケーブルの規格が分かればカテゴリが推測できるわ。

ほんの一例だけど、
 ・ANSI/TIA/EIA-568-B.1・・・カテゴリ5
 ・ANSI/TIA/EIA-568-B.2・・・カテゴリ5e
 ・ANSI/TIA/EIA-568-B.2-1・・・カテゴリ6
 ・ANSI/TIA-568-B.2-10・・・カテゴリ6A
 ・ISO/IEC 11801・・・カテゴリ7、カテゴリ7A
 ・ANSI/TIA-568.C-2-1・・・カテゴリ8
といったようにLANケーブルの規格からカテゴリが推測できるから、
カテゴリが明記されてない場合は規格の文字列を探してみてね。

印字が無くてもLANケーブルのカテゴリは推測できる

LANケーブルの種類によっては、
カテゴリや規格はもちろん一切の文字列が印字されてないものもあるのよね。

こうした印字の無いLANケーブルでも、ある程度はカテゴリを推測することが可能よ。

まずはカテゴリを調べたいLANケーブルを使ってONUとパソコンを有線接続してね。

次にパソコンの画面左下にある「スタート」ボタン(四角が四等分されたような
Windowsのマーク)をクリックしてメニュー画面を開くの。

「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」を開いて、
さらに「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」へと進むのよ。

「ネットワークと共有センター」画面内の「アクティブなネットワークの表示」という項目が
あって、さらにその中にある「接続」という項目をクリックするの。

そうすると「接続の状態」という別ウインドウが現れるから、
その中の「速度」の項目を見ることでLANケーブルのカテゴリが推測できるわ。

「速度」の項目にはネットワークの最大通信速度が表示されてるから、100Mbpsに
なってたらカテゴリ5、1Gbpsならカテゴリ5eもしくはカテゴリ6だと推測できるのね。

ちなみに上記はWindows10でのやり方なんだけど、
他のバージョンでも同じようなやり方でLANケーブルのカテゴリが推測できるよ。

ONUとルーターの違いとは

ONUとルーターを同じものと思ってる人は居ないでしょうけど、同じインターネット
関連機器ってことで違いがよく分からないなんて人は多少居るかもしれないわね。

ONUは光回線の回線終端装置で、
光回線を使うには必要不可欠な「自宅内基地局」みたいな機器なのよ。

それに対してルーターはONUに複数機器を同時接続するための機器で、
電気のコンセントで言うところのテーブルタップみたいな役割を果たすものね。

電気のコンセントにテーブルタップを繋がないと使えないのと一緒で、
ルーターをONUに接続しないことにはルーターだけじゃインターネットは使えないわ。

だからONUは光回線を使うのに必要不可欠だけど、ルーターは光回線を使うのに
必要不可欠ではなく、あると便利というぐらいの機器なのね。

ONUとモデムの違いとは

ONUが光回線の回線終端装置、
モデムは「ADSL」の回線終端装置と似てるけど実は全く別の物なのね。

ONUには、光回線で使われる「光信号」とパソコンなどの機器で使われる
「デジタル信号」を互いに変換する機能があるわ。

それ対してモデムには、アナログ電話回線で使われる「アナログ信号」と
パソコンなどの機器で使われる「デジタル信号」を互いに変換する機能があるの。

だから光回線の回線終端装置にはONU、
アナログ電話回線を使うALDSの回線終端装置にはモデムが使われるってわけ。

サイトによっては「光回線のモデム」なんて表現を使ってたりするけど、
これは厳密に言うと間違いよ。

ただADSL世代には「回線終端装置=モデム」という認識があったりするから、
「光回線のモデム」と言っても通じちゃうんだけどね。

光回線の回線終端装置としてモデムが使われることもある

モデムはADSLの回線終端装置なんだけど、
実は光回線の回線終端装置として使われることもあるわ。

マンションなどの集合住宅で光回線の配線方式が「VDSL方式」だと、
各部屋に設置される回線終端装置はONUじゃなくてVDSLモデムになるのよねぇ。

VDSL方式では、集合住宅の共用部までしか光回線が来てなくて、
共用部から各部屋までは既存のアナログ電話回線を使って分配してるの。

だから各部屋には、「光信号⇔デジタル信号」変換のONUじゃなくて
「アナログ信号⇔デジタル信号」変換のモデムが設置されるってわけ。

HGWは「多機能ルーター」

光回線のオプションとして光電話を利用する時などにONUの代わりに設置される
「ホームゲートウェイ(HGW)」は「多機能ルーター」とも言われてるわ。

HGWにはONUとしての機能はもちろん
 ・光電話の受信機
 ・ルーター
としての機能も備わってて、1台で2役3役こなすから多機能ルーターなのね。

基本的には光電話や無線LANオプションを利用した場合に、
ONUの代わりとしてHGWが設置されるわ。

ただ「NURO光」や「auひかり」など一部の光回線事業者では、
標準的な回線終端装置としてHGWが使われてることもあるのよ。

HGWにはルーターとしての機能も備わってるから、HGWが設置されてれば
別途ルーターを用意しなくても複数機器を同時に光回線に繋ぐことができるのよね。

ONUやHGWの設置にお金はかからない

光回線の回線終端装置であるONUやHGWの設置自体にはお金はかからないわ。

ONUやHGWは光回線を使う上で必要不可欠な機器である上に、
責任分界点で考えるとONUやHGWは回線事業者側の責任で設置されるのよね。

だから光回線を申し込めばONUやHGWは必ず設置されるし、
光回線の利用や開通工事にはお金がかかるけどONUやHGWの設置自体には
お金がかからないってわけ。

ONUはHGWは回線事業者からレンタルしてる形になるから、万が一ONUや
HGWに不具合や故障が発生した場合は無償で修理・交換してもらえるわよ。

ただし、落下や水濡れなどユーザーの過失によってONUやHGWに不具合や
故障が発生した場合は、修理・交換に費用が発生するから気を付けてね。

開通工事の作業員にルーターを設置してもらうことはできる?

機械の配線が苦手な場合、光回線の開通工事に来る作業員さんにルーターの配線を
お願いしようと考えることもあるかもしれないわね。

光回線の開通工事の大まかな流れは以下の通りよ。
 1.最寄りの電信柱から光ケーブルを宅内に引き込む
 2.ONUもしくはHGWを宅内に設置して光ケーブルと接続
 3.持参したパソコンを使って光回線が開通しているか確認

ONUやHGWを設置して光回線の開通確認までが作業員さんの仕事で、
ルーター接続まではやってもらえないの。

ただ、テレビを購入して業者さんに設置してもらう時、DVDプレーヤーなんかがあると
「繋いでおきましょうか?」と言ってくれることがあるわよね。

それと同じように、開通工事の時にルーターを用意しておいて作業員さんに
お願いすればルーターの配線ぐらいはやってもらえる可能性があるわ。

とは言っても、ルーターを設置してくれるのはあくまで作業員さんの厚意であって、
断れることもあるからやってくれて当たり前なんて気持ちでお願いしちゃダメよ。

ルーターを使うなら無線LANルーター

複数機器を同時に光回線に接続するのにルーターを使うんだったら、
有線LANルーターじゃなくて「無線LANルーター」の方が便利よ。

有線LANルーターだと、
複数機器を接続した時にルーター周りがケーブルだらけになっちゃうのよねぇ。

それにスマホやタブレットといった機器を有線LANルーターに接続するには、
専用ケーブルが必要だったりするわ。

その点無線LANルーターだと、ルーターとスマホなどの機器はWiFiで繋がるから
配線やケーブルは不要で、今じゃルーターと言えば無線LANルーターが主流なのよ。

無線LANルーターならルーターから離れた場所でもインターネットが使える

有線LANルーターだとルーターのある部屋でないとインターネットが使えないけど、
無線LANルーターならルーターのある部屋以外の部屋でもインターネットが使えるわ。

例えば自分の部屋に無線LANルーターを設置してても、
リビングやキッチンにあるスマホやタブレットをルーターに繋ぐことができるのよ。

それから無線LANルーターを使うことで、
同時に光回線に接続できる機器数が大幅に増える可能性が高いわ。

有線LANルーターだと同時に接続できる機器数は4台が一般的で、
それ以上接続しようと思ったら「スイッチングハブ」など別の機器が必要なの。

でも無線LANルーターだと、機種によって多少違いはあるけど、
大体10~20台ぐらいは同時接続が可能になってるわ。

パソコンにテレビ、ゲーム機に加えて家族それぞれがスマホやタブレットを使うのが
当たり前となっている現在では、同時接続台数の多い無線LANルーターの方が
便利ね。

Amazonで買える無線LANルーター

無線LANルーターは家電量販店でも買えるんだけど、
通販サイトの「Amazon」でも買えるわよ。

家電量販店だと機種が少なくて選べないこともあるんだけど、
Amazonなら機種も豊富で自分に合った無線LANルーターが選べるわ。

Amazonの無線LANルーター売れ筋ランキングでは
 ・WSR-1166DHPL2/N(Buffalo)
 ・Archer C6(TP-Link)
 ・Archer A10(TP-Link)
 ・WSR-1166DHPL/N(Buffalo)
 ・WSR-2533DHPL2/NB(Buffalo)
が上位にランクインしてるわ。(2020年6月現在)

無線LANルーターのメーカーには他にも
 ・I-Oデータ
 ・NEC
 ・ASUS
なんかもあるんだけど、Amazonでは「Buffalo」と「TP-Link」が人気なのね。

30,000円以上の高価格で高性能な機種もあれば、
必要最低限の機能を備えたリーズナブルな機種もあるわよ。

先の5機種はリーズナブルでそれなりに性能が高いもので、
いずれも10,000円以下で購入することができるよ。

無線LANルーターは家の間取りで選ぶ

無線LANルーターを選ぶ際に重要なのは、価格でも性能でもなくて「自宅の間取り」よ。

実は無線LANルーターは機種ごとに推奨利用環境が決められてて、
機種によって適した間取りがあるってことなのね。

例えば先のAmazonの売れ筋5機種の推奨利用環境は
 ・WSR-1166DHPL2/N・・・2階建てまたは3LDK
 ・Archer C6・・・3階建てまたは4LDK
 ・Archer A10・・・3階建てまたは4LDK
 ・WSR-1166DHPL/N・・・2階建てまたは3LDK
 ・WSR-2533DHPL2/NB・・・3階建てまたは4LDK
となってるのよ。

Amazonの売れ筋には入ってないけど、
Buffaloの「WSR-300HP/N」って機種は推奨利用環境がワンルームになってるわ。

ワンルーム用の無線LANルーターを2階建てや3LDKで使うと、
WiFiの電波が届かない部屋が出てきちゃうのね。

反対にワンルームで2階建てや3階建て用の無線LANルーターを使うと、
隣の部屋や建物の外までWiFiの電波が届いて「タダ乗り」されちゃう恐れがあるのよ。

だから無線LANルーターを選ぶ際には、
価格や性能よりも自宅の間取りに合ってるかどうかが重要ってわけ。

無線LANルーターのルーターモードやブリッジモードとは

無線LANルーターには
 ・ルーターモード
 ・ブリッジモード
という2つの通信モードがあって、本体のスイッチで切り替えられるようになってるわ。

機種によっては「ブリッジモード」の代わりに
 ・アクセスポイント(AP)モード
 ・ハブモード
なんてのもあるけど、呼び方が違うだけで機能としてはブリッジモードと同じよ。

まず「ルーターモード」だけど、これは無線LANルーターを無線LANルーターとして
使うモードで、無線LANルーターの基本モードね。

回線終端装置がルーター機能を持たないONUで、
無線LANルーターを1台だけ使う場合にはルーターモードにするのよ。

「ブリッジモード」の方は、無線LANルーターを中継器やスイッチングハブのように
使う場合の通信モードなの。

例えば回線終端装置がルーター機能を持つHGWで、HGWだけだとWiFiの電波が
届かない部屋があるので無線LANルーターを中継器として使いたい場合には
ブリッジモードにするのね。

また同時接続台数を増やすために無線LANルーターを2台使う場合に、1台は
ルーターモード、もう1台はブリッジモードにしてスイッチングハブのようにするのよ。

ブリッジモードは無線LANルーターを本来の目的以外で使う時のモードだから、
普通に無線LANルーターを使うならルーターモードにしておけば良いわ。

ちなみに「AUTO」ってモードが付いてる無線LANルーターがあるんだけど、
これは繋がってる回線終端装置にルーター機能があるかを無線LANルーターが
判断して、ルーターモードとブリッジモードを自動で切り替えてくれるモードよ。

無線LANルーターを使うのに契約や料金は要らないの?

もちろん無線LANルーターを購入するにはお金がかかるけど、
無線LANルーターを使うのに契約とか料金は要らないわ。

無線LANってLANケーブルの代わりに無線を使って機器同士を繋いでるだけだから、
LANケーブルを使うのに契約や料金が要らないのと同じことなの。

無線LANのことを「WiFi」なんて言ったりもするけど、
WiFiも使うのに契約や料金は要らないわよ。

WiFiは単なる無線LANの1規格で、どこかの事業者が提供してるサービスじゃないわ。

もし光回線を契約する時に無線LANやWiFiを使うには別料金がかかるなんて
言われたら、相手が騙そうとしてる恐れがあるから気を付けてね。

無線LANルーターがあれば何台でもパソコンやスマホを光回線に繋げられる?

無線LANルーターは機種ごとに接続台数が決められてて、
その接続台数以上の機器を繋ぐことはできないわよ。

先のAmazonの売れ筋5機種の接続台数は以下の通りよ。
 ・WSR-1166DHPL2/N・・・12台
 ・Archer C6・・・15台
 ・Archer A10・・・48台
 ・WSR-1166DHPL/N・・・12台
 ・WSR-2533DHPL2/NB・・・18台

大体10台以上接続できる機種が多いから、4人家族だとスマホ4台に
テレビ・ゲーム機・スマートスピーカーぐらいなら余裕で繋げるわよ。

ただ、実際に無線LANルーターに接続する機器数は機種ごとに決められてる
接続台数のできれば半分ぐらいに抑えたいところね。

接続台数一杯まで機器を接続すると、機器によってはインターネットに
繋がりにくくなったり通信速度が極端に遅くなったりしちゃうのよ。

接続台数の半分程度ならそういったことは無いから、無線LANルーターを
購入する時には何台ぐらい接続するのか考えて機種を選んだ方が良いわね。

ONUに無線LANルーターを繋ぐだけで良いの?

光回線の回線終端装置であるONUと無線LANルーターをケーブルで繋ぐだけじゃ、
無線LANルーターは使えないわ。

ONUと無線LANルーターを接続したら、無線LANルーターに初期設定、
さらにパソコンやスマホに無線LANルーターとの接続設定を施さないといけないのよ。

パソコンやスマホに無線LANルーターとの接続設定を施すのは簡単で、
 1.無線LANルーター本体に記載されてる「SSID」と「パスワード」をメモ
 2.パソコンやスマホのWiFi機能をオン
 3.利用可能なWiFi一覧からメモしたSSIDと一致するものを選択
 4.メモしたパスワードを入力
すればOKよ。

問題は無線LANルーターの初期設定で、これはちょっと骨が折れるわ。

ただ最近は付属のCD-ROMやスマホアプリを使って簡単に初期設定が施せる機種も
増えてるから、無線LANルーターを購入する際にはこの点も注意しておくと良いわね。

CD-ROMやスマホアプリを使っても自分で無線LANルーターに初期設定を施せる
自信が無い場合は、回線事業者やプロバイダの「訪問サポート」を利用しましょう。

訪問サポートを利用すれば、担当者が自宅まで来て無線LANルーターの配線から
初期設定まで代行してくれるわ。

ただし訪問サポートの利用には、担当者の出張費プラス作業代がかかるわよ。
(訪問サポートが初回無料で利用できる場合もある)

家に無線LANルーターを設置すれば外出先でも繋がる?

家に無線LANルーターを設置しても、
外出先から家の無線LANルーターにスマホなどを接続することはできないわ。

無線LANルーターのWiFi出力ってそんなに強く無くて、
どんなに出力の強い機種でもせいぜい150mとか200m先までしか届かないのよ。

しかも壁などの障害物によって減衰するから、
家の無線LANルーターのWiFi電波が届くのは玄関先ぐらいまでが限界ね。

外出先でもWiFiを使いたいなら、
「WiMAX」とか「ワイモバイル」などのポケットWiFiを利用すると良いわよ。

ポケットWiFiより使える場所が限定されるけど、
コンビニやカフェなどに設置されてる公衆WiFiを使うって手もあるわね。

家に無線LANルーターを設置したらスマホの通話も無料になる?

家に設置した無線LANルーターにスマホをWiFi接続しても、
スマホの通話料は無料にならないわよ。

元々スマホではインターネット接続と通話で別の電波を使ってるから、
通話料無料オプションを付けてもインターネット使い放題にはならないし、
通話がスマホの月間通信量に影響を及ぼすこともないわよね。

だから家の光回線にスマホをWiFi接続しても、
別の電波を使って通話するから通話料は発生するのよ。

ちなみに光回線のオプションとして光電話を利用する場合でも、
光電話の通話料は発生するわ。

スマホの通話料を無料にしたいなら、
通話料無料オプションを使うかLINEなど無料で通話できるアプリを使いましょう。

無線LANルーターを選ぶ基準は?

無線LANルーターを選ぶ基準は
 ・自宅の間取り
 ・無線LANルーターに接続する機器数
の2つね。

より重要なのは「自宅の間取り」で、
無線LANルーターの推奨利用環境が自宅の間取りに合ってるかどうかってことね。

次に無線LANルーターを自宅に設置したら何台ぐらいの機器を接続するのかって
ことも考えておいた方が良いわ。

1人暮らしだとインターネットに接続する機器は、スマホにタブレット、テレビ、レコーダー、
ゲーム機など多くても10台までで収まる可能性が高いわね。

でも4人家族となると家族全員分のスマホを繋いだ上にテレビやゲーム機などを
繋ぐことになるから、場合によって10台を超えてくるわ。

無線LANルーターは機種ごとに接続できる機器台数が決まってるから、
無線LANルーターを選ぶ時には何台ぐらいの機器を接続するかも考えた方が
良いわね。

回線終端装置にルーター機能が付いてるかどうかを見分けるには

自宅に設置されてる光回線の回線終端装置にルーター機能が付いてるかどうかは、
「LANの差込口」を見れば大体見分けられるわ。

回線終端装置に「LANの差込口」が3つ以上付いてれば、
その回線終端装置はルーター機能が付いたHGWである可能性が高いわね。

「LANの差込口」が1つだったり、LANじゃなくて「UNI」と表記されてる場合は、
ルーター機能が無いONUである可能性が大よ。

他にも回線終端装置に「PPP(PPPoE)」のランプが付いてればルーター機能あり、
付いてなければルーター機能なしと判断できるわ。

ただ例外が無いわけじゃないから、利用してる回線事業者にルーター機能が
付いてるかどうか問い合わせるのが一番確実よ。

光回線を使ってるのに宅内にONUもVDSLモデムも無い!?

集合住宅の場合、部屋に光回線が開通してるのに
 ・ONU
 ・HGW
 ・VDSLモデム
といった回線終端装置が設置されてないこともあるのよね。

集合住宅が「LAN配線方式」で光回線を各部屋に分配してる場合は、
ONUなどの回線終端装置が部屋に設置されないわ。

LAN配線方式では、最寄りの電信柱から共用部に光ケーブルを引き込み、
共用部に集合型ONUを設置、各部屋にはLANケーブルを使って分配するの。

LAN配線方式では共用部の集合型ONUが回線終端装置になるから、
各部屋には回線終端装置が設置されないのね。

UNIポートって何?

ONUの機種によっては、
LANポートの代わりに「UNI」というポートが付いてることがあるのよね。

これは単純に表現の違いだけで、
役割としてはLANポートもUNIポートも全く同じなのよ。

ONUに無線LANルーターを接続する際に使うポートで、ONUのLANもしくは
UNIのポートと無線LANルーターのWANのポートをLANケーブルで繋ぐの。

ONUのLANポートが1つだけだけど、複数機器を有線接続したい

LANポートが1つしかないONUに複数機器を有線接続したいなら
 ・有線LANルーター
 ・スイッチングハブ
といった機器を使うと良いわよ。

どちらも電気のコンセントのテーブルタップみたいなもので、
ONUに接続することで複数機器が有線接続できるようになるわ。

自宅の光回線でWiFiを使いたい

自宅の光回線でWiFiを使うには、無線LANルーターを設置すれば良いわ。

光回線の回線終端装置に無線LANルーターを接続すれば、光回線が無線化されて、
家の中でWiFiが使えるようになるよ。

もう1つ回線事業者の無線LANオプションを使うって方法もあるわね。

無線LANオプションを使うと、回線終端装置がルーター機能のあるHGWになって
家の中でWiFiが使えるようになるのよ。

有線LANルーターを使ってるけどLANポートが足りない

有線LANルーターを使っててLANポートが足りない場合は、
もう1台有線LANルーターを使うかスイッチングハブを使うと良いわ。

ONUと接続してる有線LANルーターにもう1台有線LANルーターを
「ブリッジモード」で接続すれば、使えるLANポートを簡単に増やせるわ。

スイッチングハブも同じようにONUに接続してる有線LANルーターに接続すれば、
LANポートを増やせるわよ。

無線LANルーターをもう1台繋ぎたい

無線LANルーターを追加する場合は、追加する無線LANルーターを
「ブリッジモード」にして既存の無線LANルーターに繋ぐと良いわよ。

ONU-無線LANルーターA(ルーターモード)-無線LANルーターB(ブリッジモード)
といった感じで繋ぐのよ。

スイッチングハブを使ってONUに2台の無線LANルーターを接続しても、どちらかの無線LANルーターは使えないわ。

またルーターモードの無線LANルーター同士を接続すると、
別々のルーターに接続した機器同士が認識できなくなるの。

ONU-無線LANルーターA(ルーターモード)-無線LANルーターB(ルーターモード)
と繋いで、データを共有するのに無線LANルーターAにパソコン、
無線LANルーターBの方にスマホをWiFi接続したとするわよね。

そうするとルーターAと繋がってるパソコンからルーターBに繋がってるスマホが
認識できずに、データの共有ができないの。

だから無線LANルーターを2台使う場合は、
必ず1台はルーターモード、もう1台はブリッジモードにしてね。

まとめ

光回線のONUにルーターを接続する方法などについて
分かりやすく説明したつもりだけど、分かってもらえたかしら。

色々関連する情報も書いたけど、
重要なのは光回線に複数機器を同時に接続したいならルーターが必要ってことよ。

さらに自宅でWiFiを使いたいのなら、
そのルーターは無線LANルーターでないとダメってこと。

現在はパソコン以外にもインターネットが使える機器がたくさんあるから、
自宅に光回線を引くなら必ずルーターを用意しておきましょう。